もむん blog

普通の会社員です。趣味の海外ドラマ、ガジェットを中心に、気楽に書きます。

海外ドラマ ウォーキング・デット 10-1~3 レビュー

こんにちは。

 

ウォーキング・デット 10-1~10 を見ましたので、レビューします。

シーズン10の放送が開始されました。

スカパーのFOXで、放送しています。

 

3-1

 前シーズンから数か月が経過しているようです。

”囁く者”との境界線を守っているため、表面上は平穏を保っています。

 

ある日、人口衛星が落下し、山火事が発生します。人口衛星はソビエト連邦のもののようです。喋っているのはロシア語かどうか分からないため、ソビエトかどうか僕は区別つきませんでした。アメリカ人は区別がつくのかな?

ウォーカーと戦いながら、山火事を消化します。どうもこのとき、境界線を越えたようです。火事が起きたので、しょうがないとは思いますが、境界線を越えたことが後々問題になってきます。

ユージンが部品をほしいと言ったため、人工衛星からすばやく部品を回収しました。

 

3-2

この回は、アルファとリディアの過去編です。ベータとの出会いの場面のようです。海外ドラマあるあるで説明がなんにもないので、過去編やっているとは分かりにくい。

リディアはママ(アルファ)に虐待されていたと言っていましたが、この回を見る限りアルファはちゃんとママをしています。

アルファとリディアがウォーカーから逃げた隠れ家にベータがいたのです。ベータは初めから仮面を被っているかなりアブない奴です。初めは反目しあっていましたが、なんだかんだで、アルファとリディアとベータは一緒に行動することになりました。リディアも結構ベータになついているし。

 

場面は変わり、現在です。アルファが一回許した女が反旗を翻し、アルファの集団がピンチに陥ります。女をなんとか殺し、食い止めますが、女を許したことをベータがアルファを責めます。子供の話になり(反逆した女の赤ちゃんが死んだ)、リディアが生きていることがベータにバレます。

あれ、死んだことになっていたんだっけ?アルファの仲間には、リディアは死んだと話していたのか。

この件により、ベータとアルファに少し確執が発生したようです。

 

3-3

アレキサンドリアにウォーカーの群れが、絶え間なく襲ってきます。みんな戦いに疲れ果てます。しかし、ウォーカーは何人いるんだろう?結構みんなで、ウォーカーを殺していると思いますが。

ミショーンとダリル達は、囁く者がウォーカーに襲わせていると考えます。よって、アルファとの話し合いをし、ウォーカーを止めてもらおうとします。

作戦会議で、ゲイブリエル(誰?)は北側の門でウォーカーに対処、アーロン(誰?)は南側のウォーカーの対処、そしてダリル、キャロル、ミショーンを含む7人が、境界線でアルファと対面することに決まります。

ニーガンがアーロンの助っ人になります。なんかニーガンの行動が怪しかったですが、結局アーロンを助けてくれました。これからニーガンは仲間になるのかな?

アルファとの話し合いは、境界線を越えた罰として、猟場をアルファたちに少し譲ることで同意しました。キャロルがあまり納得していませんが。最近のキャロルは、ダリルより、武闘派です。なんかジャンキーなっているし。本人のキャロルは否定していましたが。

 

 まとめ

 基本、あまり話が進んでいません(笑)。囁く者とは対決するのか、共存するのかがポイントになると思います。

アルファはやっぱりあだ名だったんですね。外人のあだ名なので、本名かどうか区別がつきませんでしたが、今回ではっきりして良かったです。

トリビアですが、ハイエナの群れのボスもアルファと言います。ハイエナは雌中心の群れなので、ボスも雌です。囁く者のアルファもハイエナから名前を取ってきたのでしょうか?

 

 

海外ドラマ ルシファー3-1 レビュー

こんにちは。

 

ルシファーのシーズン3が開始され見ましたので、レビューしたいと思います。

スカパーのAXNジャパンで放送されています。

 

ルシファーの誘拐

前シーズンの最終回に、クロエに自分が悪魔だと告白しようとしますが、誰かから頭を殴られ、誘拐されてしまいます。悪魔なのに油断しすぎ。そして、ルシファーは砂漠に放置されます。気が付いたときは翼が復活していました。

装甲車を運転して逃亡している犯罪者に偶然会い、ルシファーは彼から服と車を貰い逃がしてやります。

この犯罪者と以前ルシファーは出会っているようですが、僕は全然覚えていない...

彼の出番はこれっきりになるのかな?

 

結局、警察に保護され、クロエにいる警察署にルシファーは帰ります。

ルシファーは、クロエに自分が悪魔だと告白しようとしますが、悪魔の顔が奪われていたため、告白できません。ずっとクロエに悪魔のことはバレないパターンになるのでしょうか?

 

警察署には、マーカス警部補が新たに就任します。クロエ達の上司です。結構無礼な良いキャラなので、これからは楽しみです。

 

誘拐犯探し

 ルシファーがいた砂漠に男性の死体が発見され、警察も動き出します。

男性の知人に話を聞くと、なんと誘拐ごっこをやっていたと聞かされます。誘拐専門会社に依頼し互いに誘拐しあうのです。今回は、なにかの手違いで、男性が殺されてしまったのです。

なんか似たような映画「TAG タグ」がありますが、アメリカ人は遊びも命がけなのでしょうか(笑)?

お笑い担当(笑)のダンが囮になって、誘拐されて、犯人をつきとめようとしますが、いつものごとく、ルシファーが暴走され、自分を誘拐させます。

なんだかんだでクロエとルシファーが別方向で、それぞれ犯人をつきとめます。「罪人」に頼まれて誘拐したことが分かりました。

「罪人」がだれかは不明です。

 

翼の復活

ルシファーは翼が復活し、リンダに翼を切ってほしいと頼みますが断られます。そりゃそうだ。なので、マッサージの店に行き、怪しい妖艶の女性に切ってもらったようです。この女性は、ドン引きしなかったのでしょうか?

結局、ルシファーの翼はとかげのしっぽのごとく、すぐ翼が生えてしまいますが。

兄、アメナディエルは翼も能力も復活していないようです。

 

まとめ

これからは、1エピソードに1つ事件を解決しつつ、「罪人」と対決にしに行く方向になりそうです。「罪人」は「イクシオン」のことかな?

 

競馬 菊花賞2019 感想

こんにちは。

 

競馬の菊花賞2019の感想を書きたいと思います。

結果は、「1着ワールドプレミア、2着サトノルークス」でした。

race.netkeiba.com


1着ワールドプレミア

父は、ディープインパクト(サンデーサイレンス 系)、母はマンデラ(ダークロナルド系系)です。セレクトセールでは2億5,920万円で落札された良血馬です。春、夏はソエのため、休養しています。

今回、菊花賞はスローペスのため、ワールドプレミアは早めに先頭に立ちました。サトノルークスの猛追をクビの差かわしました。

武豊の騎乗っぷりがうまかったです。やっぱり武豊は長距離に強いです。

 

母系は日本では異系なので、ディープインパクトの後継種牡馬として、期待できます。

 

2着サトノルークス

父は、ディープインパクト(サンデーサイレンス系)、母父はサドラーズウェルズ(サドラーズウェルズ系)です。

直線で、ワールドプレミアに迫りましたが、あと一歩届きませんでした。スローペスが影響したと思います。母系から、長距離が得意そうでしたが、見事期待に応えてくれました。

福永騎手はもう少しで、エピファネイア以来の菊花賞勝利でした。福永騎手も玄人好みでうまいと思います。

 

川田騎手、こっちの馬に乗った方が良かったんじゃないか(笑) 

 

ディープインパクト

今回、ディープインパクト産駒がワンツーフィニッシュでした。

ディープインパクトが死亡してしまったため、これらの馬は後継種牡馬として、頑張ってほしいです。ディープインパクト産駒はまだ種牡馬として、成功していないので。

特に、ワールドプレミアは血統的に種牡馬として、期待できると思います。

 

菊花賞のメンバー

今回、クラシック勝利馬が一頭も菊花賞に出走していませんでした。ちょっとさみしいです。日本ダービー馬のロジャーバローズは怪我のため、申し訳ありませんが、サートゥルナーリアには、菊花賞に出走してほしかったです。

やっぱり、長距離レースが敬遠されているのかな。

 

 

競馬 秋華賞2019 感想

こんにちは。

 

競馬の秋華賞2019の感想を書きたいと思います。

結果は、「1着クロノジェネシス 、2着カレンブーケドール」でした。

race.netkeiba.com



1着クロノジェネシス

父は、バゴ(ブラッシンググルーム 系)、母父はクロフネ(デピュティミニスター系)です。今までは、GIで2着1回、3着1回と勝ちきれませんでした。安定感があるので、馬券的には、買いやすい馬です。

北村友一騎手は、2019年の大阪杯に続き、G1、2勝目です。中堅騎手として、今後に期待できます。

 

直線で、一気に他馬を差し切りました。馬場が昨日の雨から回復し、稍重になっていたことが良かったと思います。

 

 血統的には、母系にサンデーサイレンスの血が入っていますが、母母父なので、ちょっと血が濃くなりますが、サンデー系の種牡馬を種付けできないこともないです。

キングカメハメの血も入っていないので、キングカメハメ系の種牡馬で種付けできます。

父のブラッシングルーム系は、日本ではあまり流行していないので、繁殖牝馬としても、期待できると思います。

 

2着カレンブーケドール

父は、ディープインパクト(サンデーサイレンス系)、母父はスキャットダディ(ストームキャット系)です。

母はアメリカ血統です。父母共に、王道血統と言った感じです。

 

直線で、クロノジェネシスに迫りましたが、今一歩及びませんでした。

 

優駿牝馬で人気薄ながら、2着に入った馬です。実力があったので、順当な結果と言って良いでしょう。津村明秀騎手はG1初勝利あと一歩でした。次は頑張ってほしいものです。

 

ダノンファンタジー

 一番人気だった、ダノンファンタジーは、8着と敗れました。特に見せ場もありませんでした。G1ではなければ、強いのに。この馬は、何故G1で弱くなっちゃうのかな?

 

 

台風19号

こんにちは。

 

今回は、台風19号の状況について述べたいと思います。

 

停電、河川の氾濫などで、大変なことになっています。

心よりお見舞い申し上げます。

 

東海地方の状況

しかし、僕が住んでいる東海地方は、台風がかすっただけで、大した被害がありませんでした。雨も風も少し強い程度で、中止となった豊田スタジアムラグビーワールドカップが開催できたのかも知れません。公共交通機関が運転を見合わせたり、店が臨時休業していましたが、そこまでするまで、雨、風は激しくありませんでした。

安全を優先にしたら、上記の対応をしょうがありませんが、もうちょっと臨機黄変に対応してもらうと良いかなと思います。雨、風が止んだら、公共交通機関を再開させたりするとか。難しいのは分かりますが。

 

買いだめ

千葉の停電があったためだと思いますが、各地でスーパーやコンビニで品切れが続出しました。東海地方でも、買いだめのため、スーパーやコンビニで品切れが10/11に発生しました。

僕が10/11に仕事が終わって、帰宅時にスーパーやコンビニに行って晩飯を買おうと思ったら売り切れで何も買えませんでした(泣)。オイルショックかよ!家に米とみそ汁がありましたので、おかずがないだけで、晩飯は食べれましたが。皆様は前日の買いだめをしたのだと思います。

僕は、防災セットが家にあるため、ある程度備蓄はありました。なので、買いだめはしなくても問題はありません。

 皆様も、災害前に慌てて、生活品や食料品を購入するではなく、事前に防災セットを用意しておきましょう。買いだめしてしまうと、本当に必要な人に行き渡らない可能性があります。

防災セットは、アマゾンや楽天からも購入できますので、できるだけ事前に購入しましょう。ただし、食料品の賞味期限には注意しましょう。


 

 

 

海外ドラマ シカゴPD 5-22 最終回 レビュー

こんにちは。

 

シカゴPDの5-22を見ましたので、レビューしたいと思います。

スカパーのAXNチャンネルで放送されています。

シーズン5最終回でした。

 

 

オリンスキー

ボイドはオリンスキーを釈放するため、ウッズと州検事補のオーシャに、自分のビンガム殺害を告白しようとします。その瞬間にオリンスキーが刑務所で刺されたとの連絡が入ります。ボイドは急いで、病院に行きましたが、オリンスキーは帰らぬ人になってしまいました。このとき、特捜班のメンバーが集まっており、オリンスキーを殺した犯人を捕まえることを決心します。

しかし、このときオリンスキーの妻がいませんでした。前回はオリンスキーと面会し、あんなにボイドを責めていたのに。スケジュールの問題かな?

 

捜査

まずは、オリンスキーと揉めていた囚人を呼び出し聞き込みします。犯人はメキシコ人だということが分かりました。

次に、防犯ビデオを詳しくチェックしてみると、襲撃を目撃したという看守のディーツが、曲がり角で隠れている姿が映っていました。オリンスキーが襲われていることを見て見ぬふりをしていたのです。看守のディーツを問い詰めると、5000ドルで買収されていることが分かり、犯人はアンドレ・ゴメスだと分かります。このディーツは登場したときから良い人ぶっている胡散臭い奴でした。

アンドレ・ゴメスの経済力では5000ドルを払うのが無理です。なので、ボイドはこの犯人をぼこぼこにし、黒幕を吐かせようとします。みんな見て見ぬふりです。なんか昔のボイドを思い出します。アントニオだけは、抗議していました。その割には、あまり唯意義な情報が得られなかったようです。

事件前にゴメスに面会していた弁護士が、明らかに偽名を使っていたので身元を突き止め、アルベルト・フローレスだと判明しました。アルベルト・フローレスを問い詰めると、カルロス・デレオンが犯人だと分かります。アルベルト・フローレスもボイドがバットでぼこぼこにしているけどね(笑)。

表向きの家具事業者でカリ・カルテル資金洗浄をしていて、長年FBIが監視をしている存在でした。カルロス・デレオンは自分の弟がオリンスキーに捕まり、刑務所内で死んだのを逆恨みしたのです。

カルロス・デレオンをボイド率いる特捜班が追い詰めます。このとき、カルロス・デレオンはボイドに命乞いをします。黒幕としては情けない。逆切れすると思ったのに。結局、ボイドに射殺されます。目撃者が丸腰の相手を射殺したと証言しますが、カルロス・デレオンは銃をもっており、抵抗したとボイドは証言します。

本当のことは不明です。カルロス・デレオンが抵抗したかどうかがぼかされています。

 

ウッズ

ビンガム殺害の件は、目撃者が現れます。ケイトという女性でオーシャが見つけたようです。ウッズがケイトに話を聞きにいきます。ケイトは今、無職なので金がほしいと言います。ウッズはボイドに不利なウソの証言をすれば、金を渡すと取引します。

しかし、ケイトは罠でした。ボイドとオーシャが仕組んでいたのです。オーシャはオリンスキーが死んだことに胸を痛めており、ボイド側に寝返っていたのです。

結局ウッズは、証人買収の罪で逮捕されてしまいます。娘が入院中なのに。

ボイドの勝ちでした。ケイトは前にも出ていたかな?全然記憶がない(笑)。

ちなみに、アダムはボイドのスパイのはずでしたが、何も役に立っていなかった気がする(笑)。

 

まとめ

また一人レギュラーが減ってしまいました。悲しい。

次シーズンに新しいレギュラーが入るのかな?

ボイドとアントニオの微妙な関係にも注目です。

 

凱旋門賞 2019

こんにちは。

 

 今回は凱旋門賞について感想を書きたいと思います。

 

エネイブルの3連覇なるか

 今回の最大の注目は、最強女王エネイブルの3連覇がなるかどうかでしょう。GI10勝馬の化け物です。特に去年の凱旋門賞BCターフの連覇は、すごかったです。凱旋門賞は欧州の大レース、BCターフアメリカの大レースです。中2週の短期間で、これら大レース2個勝つとは、これからもこの記録の達成馬は現れないかも知れません。

 

結果

 結果は以下の通りです。

db.netkeiba.com

エネイブルは2着に敗れてしまいました。勝ったのは、 ヴァルトガイストと言う5歳牡馬です。凱旋門賞は斤量のせいか、牡古馬はあまり勝てませんでした。今回は、牡古馬の意地を見せたと言った感じでしょうか。 ヴァルトガイストは3歳から、G1で活躍している、歴戦の古馬です。豊富なレース経験を活かし、エネイブルを外から一気に差し切りました。

なんか、レースぶりがソレミアに差されたオルフェーヴルに似ています。凱旋門賞ロンシャン競馬場は、結構末脚が伸びやすい馬場になるのでしょうか?

 

3着に入った、ソットサスは3歳牡馬です。この馬は、仏ダービー馬です。地元フランスの意地を見せました。

 

ヴァルトガイストとエネイブルはガリレオ系です。今の欧州は、日本のサンデーサイレンスなみに、種牡馬ガリレオが猛威を振るっています。

 

ソットサスは、ヌレイエフ系です。ヌレイエフ系は最近、勢いを失っているため、頑張ってほしいです。

 

日本馬の惨敗

キセキ、  ブラストワンピース、 フィエールマンと言った日本馬は惨敗してしまいました。見せ場もありませんでした。欧州馬ハービンジャー産駒のブラストワンピースにはちょっと期待していたんですけどね。

これらの馬は、今の日本のエースですが、エルコンドルパサーディープインパクトオルフェーヴルには見劣りします。やはり、エルコンドルパサーディープインパクトオルフェーヴルぐらいの馬ではないと、凱旋門賞では勝負にならないのでしょうか?

まあ、ナカヤマフェスタみたいに日本での成績がイマイチでも、凱旋門賞で好走する馬がいますので、馬場の相性とかがあるかも知れません。欧州は重たい馬場に対し、アメリカは高速馬場なので、アメリカに海外遠征した方が良い結果が残せるかも(勝手なことを言いますが)。

予算の関係とかで厳しいかも知れませんが、海外遠征にするには、現地の環境に慣れさせるため、長期滞在させてほしいと思っています。最低、フォワ賞ぐらいは出走して、現地の競馬場に馬を慣れさせないといけないと思います。例えば、今回はフォワ賞から向かったキセキは7着でしたが、札幌記念から向かったラストワンピース、 フィエールマンはビリ1、ビリ2で、その差は一目瞭然です。

なので、なんとか長期滞在させて海外レースに出走させてほしいです。

 

何気に、武豊が乗った馬、Soft Lightが6着に入っています。Soft Lightは重賞未勝利ですが、重賞でずっと好走しており、実力はG1馬に見劣りしないと思っています。武豊は良い馬に乗ったね。Soft Lightは、エルコンドルパサーと激闘した、モンジューの子孫なので、なんとか活躍してほしいと思っています。

 

後、凱旋門賞に出走した日本馬がほとんど、潰れてしまっているのが気になります。僕の記憶では、凱旋門賞に出走後も活躍した馬は、ディープインパクトオルフェーヴルぐらいしか思いつきません。やはり、ディープインパクトオルフェーヴルは化け物だったのです。

キセキ、  ブラストワンピース、 フィエールマンの3頭には、なんとか立て直して日本でも活躍してほしいと思っています。

 

 まとめ

凱旋門賞に限らず、最近は欧州、アメリカのG1であまり日本馬が活躍していません。

なんとか、頑張って下さい!。